潔美のひとり言

茅輪神事にて

2014-07-29

活動レポートでご報告しておりますが、最近は神事に参加させて頂く機会に恵まれております。

子供の頃から茅輪神事にはお伺いしておりましたが、今回新たな発見がございました。

実は恥ずかしながら、輪くぐりのはじめの一歩は左足から、ということを私は存じませんでした。

皆様はご存知でしたか?

この度お参りした際にご注意を頂きまして、びっくりし、顔から火が出る思いでしたが教えて頂き本当に感謝しております。

輪くぐりは「神前へお参りする前に、左、右、左、と8の字を描くようにくぐるが、その際に回る方向と同じ側の足から入る(4回目、神前へ行く際は右足から)」

というのが正しい作法だそうです。

どちらの足から入る、というところまで決まっているとは知らずにくぐっておりました。

次回からは、きちんと作法に倣ってお参りします。

意識しすぎて緊張し、左手と左足が一緒に出ないようにも気をつけなくてはいけませんね。

初めて輪くぐりをされるという方は、是非「左、右、左、横断歩道と一緒」と覚えておかれるとよいかと思います。

正しくお参りして、心身ともに清めて今年下半期も健やかにお過ごしください。

 

 

 

カテゴリー: 潔美のひとり言 
ページの先頭へ